贈り物お届け配送便

贈り物に欠かすことのできない結婚内祝いと香典返し

贈り物を選ぶ時に何を購入したらいいか迷うという人は多いでしょう。
また逆に自分が受け取った時に、好みではなかったために1度も使わずクローゼットにしまったままなんて経験がある人も少なくないはずです。そのため最近はカタログギフトが人気があります。
ではカタログギフトのメリットとデメリットについて紹介します。

 

 

贈り物にカタログギフトを選ぶメリット

 

 

カタログギフトをもらって、困るという人はいないでしょう。
なぜならカタログギフトの冊子から自分の好きなモノを選ぶ事ができるためです。
スイーツでもキッチン用品でも、お財布でもタオルでも様々な商品が掲載されているので、欲しいモノが見つかる可能性は高いでしょう。

 

受け取って困るようなモノをもらうよりも、自分の欲しいモノが手に入るため、合理的だと言えます。
また結婚式の引き出物として渡される場合には、カタログギフトだと場所をとらずに重くないのもメリットです。

 

 

贈り物にカタログギフトを選ぶデメリット

 

 

しかしながらカタログギフトはメリットだけではありません。
デメリットもあるという事を贈る前に理解しておく必要があります。
まずカタログギフトと一言でいっても、たくさんの種類が存在します。
そしてカタログに納められている商品は種類は多いモノの、掲載している商品の傾向は似ています。

 

つまりカタログのターゲット層と合わなければ、特に欲しい商品が見つからないという人もいる訳です。
なのでカタログギフトを年齢層によって、変えるという気遣いも必要かもしれません。

 

またカタログギフトの場合は、掲載されてる商品を見れば、およそその料金設定が予測つきます。
3万円のご祝儀を贈り、3千円のカタログギフトを引出物として受け取ると、金額が明確になる分ガッカリ感を持つ人もいるのではないでしょうか?

 

もちろんご祝儀とはお祝いの気持ちであり、お返しを期待して贈るものではありません。
ですが新婚旅行は豪華だったのに、引出物にはお金をかけないんだと分かったら、あまりいい気持ちはしませんよね。

 

あとは、カタログギフトは利便性は高いけれど、記憶には残らないと言えます。
例えば友達の結婚式の引出物が新郎新婦の顔写真がプリントされている趣味の悪いお鍋だったとしましょう。
持って帰るのは重たいし、キッチンではそんな趣味の悪いお鍋は使わないし、キッチンの収納スペースをとって邪魔。
そんな存在だったとしても、友達同士の飲みの席では、何かの拍子に「○○の結婚式の引出物がさ〜」と笑い話になりますし、印象が強すぎて忘れないですよね。

 

ですがカタログギフトだと、誰から贈られて何を選んだのかすぐに忘れてしまいます。
それに贈られた時に、中身に何が入っているのか開ける時のワクワク感がカタログギフトにはありません。
つまりカタログギフトは、大きく失敗する事はないけれど、可もなく不可もなく思い出に残らないと言えるでしょう。