贈り物 縁起がいい 欲しいモノ

贈り物にするなら相手が欲しいモノ+縁起がいいモノを添えて

贈り物を選ぶ時に、縁起が悪いモノを選んではいけないと注意する事はあるかもしれません。

 

ですが縁起がいいモノを意識して選んでいますか?

 

縁起担ぎという意味でお祝いの席に縁起のいいモノを選んで贈ってみてはいかがでしょうか?

 

 

縁起のいい贈り物についていくつか紹介

 

例えば縁起がいいと言われている物の代表としては、達磨な鯛があります。

 

しかしどちらも贈るのに適しているか?というと難しいところですよね。
大きな達磨をもらっても置くところがありませんし、何よりオシャレなインテリアの家には似合いません。

 

また鯛も縁起担ぎで食べるならお頭つきが基本です。
ですが生ものですから、取扱いが難しい上に、最近は家庭では切り身しか購入しないからお頭つきの鯛をもらっても調理に困るという家庭もあるでしょう。

 

つまり縁起が良くても相手を気遣っていなければ、喜ばれないどころか迷惑になってしまう事もあります。

 

ですが、達磨や鯛のグッズを使ったフラワーギフトなんてどうでしょうか?

 

達磨や鯛をモチーフにした見た目にも可愛く華やかなフラワーギフトを選べば、縁起担ぎをしてお祝いしてくれているという気持ちも伝わりますし、フラワーギフトなら飾って楽しむ事ができます。

 

他にも縁起のいいモノとしては、風呂敷があります。
風呂敷を贈るのではなく、相手が気に入ってくれそうなモノを選び、それを風呂敷で包んで渡します。

 

縁起がよくて、しかも最近はオシャレなデザインの風呂敷も発売されているので、粋な感じに仕上がります。

 

相手がお酒が好きな人なら、鏡開きなんてどうでしょうか?

 

もちろん原寸大の酒樽ではありません。
酒樽をミニサイズで造り、さらに鏡開きができるように、木槌などもセットになっています。

 

ちょっとした鏡開き気分を自宅で楽しみ、中のお酒も飲む事ができ、お祝いムードも高まりますよね。

 

縁起がいいモノと言えば、招き猫も忘れてはいけません。
猫好きな人に贈るならきっと喜んでもらえるでしょう。

 

紅白も縁起がいいモノとして有名です。
紅白饅頭だけでは贈り物として寂しいですが、別に何か用意しておき紅白饅頭も添えて贈れば縁起がいいと思ってもらえます。

 

あとは結婚式の引出物にもよく選ばれているバウムクーヘンも縁起がいいと知っていますか?

 

切り口が切り株の年輪に似ているため、長寿や繁栄を意味しています。
なので新築祝いなどで手土産に持っていっても喜ばれるでしょう。

 

ただし縁起がいいモノ=昔からの伝統のモノが多く、現在贈られても実用的ではないモノがほとんどです。

 

そのためメインとして選ばずに、他に商品を贈り+αで縁起担ぎに添えるという感覚で贈ると喜ばれるのではないでしょうか?
やはり贈り物には贈る人の気持ちが大切です。

 

相手の事を考えて、その人に合う、尚且つ喜んでもらえる顔を想像して選んでお祝いしてくれたという事が何よりも嬉しいはずです。